忍者ブログ

◇◆ 空中楼閣 ◆◇

オタク絵と萌え語りとドールとその他

おつかれさまでした。

長らく(βテストから)遊ばせて頂いた、DMMより配信されていたブラウザゲーム『しんけん!!』が、2017年9月29日をもってサービス終了しました。

ここ3日ぐらいは物凄い勢いでスクショを撮って保存しまくっていたからか、今も右手がちょっと痛いです(笑)

いやはや、本当に楽しく遊ばせて頂きました!
キャラもストーリーもゲーム性も、どれも凄くツボで、大好きでした。
もう「おっと!寝る前にタタラ場回しておかないと!」とか、そういうこともなくなるのかと思うと、数日してから所謂ロス現象が起きそうだなーとか、ぼんやり考えています。

・・・結局、☆6キャラは一人も出せなかったし、抜身御供してあげられなかったキャラも沢山いたし、もっと沢山レベルカンストまで育ててあげたかったなぁ・・・
まだまだプレイしていたかったし、終わってしまって凄く残念ですが・・・ギリギリ最後まで、新要素や追加キャラやイベントを更新してくれて、きちんとラストストーリーで物語をまとめてくれた運営さんには感謝しかないです。
こんなネットの辺境なブログで書くのも何ですが、本当にありがとうございました。

しばらくは、保存しまくって物凄い量になったキャプ画像を眺めて、ロス現象を乗り切らねば・・・!!



サービス終了

DMMゲームズにて配信されているブラウザゲーム『しんけん!!』が、2017年9月29日をもってサービス終了する旨が告知されました。

オンラインゲームという性質上、いつか終了する時が来ることは承知していたし、覚悟もしていたのですが・・・実際に終了が決まると、やっぱり悲しい。
βテストの時から遊ばせて頂いて、キャラも世界観も凄く大好きで、当初は様々あった問題点も着実に改善してくれたし、ゲームとして大好きです。
残り約1ヶ月弱、大好きなキャラ達を愛でつつ楽しみたいと思っています。


・・・抜身御供で上限解放してレベル200まで育てたい!と思ってた真剣少女達、まだまだ沢山居るのだけども、流石に時間も素材も足りなくて無理そうで、そこがとても残念。
慌てなくても、のんびりと抜身カンストさせていけばいいか!と悠長に構えてたからなぁ・・・いつか終了告知が来る可能性は常にあるのだと、もっと意識しておくべきだった・・・
・・・ワガママ言うけど、せめて終了3ヶ月前に告知欲しかった・・・

とりあえず、嫁キャラであるところの左文字こゆきは、もうちょっとでカンストまで育てられるので頑張ろう。
他の子達も、できる範囲で等級上げて抜身していこう、うん。

梅酒の現状

6月下旬に漬けた日本酒梅酒。
もうすっかり氷砂糖も溶けきって、お酒自体も黄色っぽく色づいてきたので・・・まだまだ早いと思いつつも少しだけ味見してみました。

めっちゃうまい。

ひと月ちょいしか経過していないので、お酒感がまだまだ強いのですが、それにしたって美味しい、とても美味しい、寝かせて角が取れてきたらもっと美味しくなるのかと思うと楽しみで仕方がないです。
梅酒いいですよ梅酒、同じ分量で漬けても毎年味が違うし、砂糖の種類やお酒の種類を変えるといろいろな味わいが楽しめるのがとてもよいです。

去年漬けたぶんの泡盛梅酒も、そろそろ梅の実を引き上げねば。


そういや、梅干しもそろそろ土用干しをしたいのだけども、梅雨の時期は割とがっつり晴れていたのに、梅雨明けして以降が逆にお天気が安定しなくて干すに干せない。
梅雨明け待たずに干してしまっておけば良かったと今頃思う(笑



梅酒メモ

6月です、梅酒の季節です。

梅酒、基本的にはホワイトリカーで漬けるのが一般的だと思いますが、あの少し独特の「くわぁ~っ」と来るアルコール感が少し気になるので、最近は他のもので漬ける事が多いです。
一番簡単なのは、今の時期スーパーでホワイトリカーのお隣に並んで陳列されていることの多い『果実酒用ブランデー』を使うことですかね?
わたしも何度か使いましたが、ちょっと高級感のある味になるので好きです。

まぁ、一番クセの無い仕上がりになるのはホワイトリカーだと思うので、そこは好みは人それぞれですが・・・個人的には、ホワイトリカー梅酒は2年寝かせないとちょっと飲みづらいのです。


そんなこんなで色々試しています。
去年は泡盛で漬けてみたのですが(※2度目)、これすごいおいしいのでおすすめ。
今回は以下の配合で漬けてました。

青梅1kg 氷砂糖200g 黒砂糖300g 泡盛(八重泉)1.8L
(※砂糖配合は自宅にあるぶんを使ったのでコレですが、実際は黒砂糖比率はもっと少なめの方がいいかと思います)

ホワイトリカーはそのまま飲んでもあまりおいしくないのに対して、泡盛はそのままでもおいしく飲めるお酒なワケで・・・当然、梅酒にしても飲みやすくなるのは当然でして。
いや、もう、するする飲めてやばい、飲み口がとてもマイルドなのに加えて黒砂糖効果でコクがあって直球で美味しいです。
ストレート・水割り・お湯割りが良い感じです、炭酸割りは少し微妙かもです。


・・・で!今年ですよ今年。
無難に果実酒用ブランデーで漬けようかと思いましたが、近所の酒屋でアルコール20度以上の日本酒原酒が入手できたので、今年は日本酒で漬けてみました。
日本酒梅酒、昔一度だけ作ったことがあるのですが、自分が日本酒好きなのもあってか、ものすごく好みの味だったんですよね・・・ただ、20度以上の原酒を売っているところに遭遇できず、漬けたのはその一回こっきりだったのです。
そんなとき、近所の酒屋で梅酒利用可能な度数の日本酒原酒発見したワケですから、そりゃもう喜び勇んで漬けるしか無いわけですよ!!ひゃっほーい!!
(配合は梅1kg・氷砂糖500g・原酒1.8Lです、どのお酒でも基本この割合)
今から来年が楽しみですよ!!上手く漬かるといいな~♪


あと、過去に漬けてみた他のパターンの備忘録。
ジンで漬けると美味しいという情報をネットで発見したので、ビーフィータージンで一度漬けてみたところ・・・こう、ジン特有のハーブっぽい風味が前に出てしまっていて、あまり梅酒には向いてなかったかな・・・という結果でした。
・・・もとい、という結果だと最初は思ってました。
ストレート、お湯割り、水割り・・・で飲んだ状態だと上記の感想だったのですが、炭酸で割ってみたらビックリ大変身、めちゃめちゃ美味しい。
炭酸のしゅわっと感がキリッとシャープな飲み口を引き締めて、後から追いかけてくる梅の爽やかな香りと酸味がたまらない感じで、すごい美味しかったです。
飲み方で印象が物凄く変わるという意味で、今までで一番おもしろい仕上がりになった梅酒でした。

・・・ジン梅酒炭酸割り、ほんと美味しかったから、余裕あったら今年も漬けようかな・・・


あけましておめでとうございます


明けてから一週間過ぎてしまっていますが、おめでとうございます。

流石にいつまでも『(仮)作業中 』のまんまなのは如何なものだろうかと思わないでもないので、今年中にはヘッダ部分の画像を何かしら差し替えたいと思います。

PR